英吉利の薔薇、宮殿で魂の叫び

英吉利の薔薇、宮殿で魂の叫び


~ジャケット鑑賞会 その2~


今回はおなじみインパクトのあるジャケ



画像


FLEETWOOD MAC / ENGLISH ROSE(1969)

フリートウッド・マック

邦題:”英吉利の薔薇”

*1.



画像


KING CRIMSON /

IN THE COURT OF THE CRIMSON KING (1969)

キング・クリムゾン

邦題:”クリムゾン・キングの宮殿”

*2.




画像


COMUS / FIRST UTTERANCE (1971)

コーマス

邦題:”魂の叫び”

*3.






*1. ブラック・マジック・ウーマンやアルバトロスを収録する

アメリカ編集のコンピレーション。

ピーター・グルーンを筆頭とする3人のギタリストを抱えた

ブルース・ロック期のフリートウッド・マックをとりあえず1枚ならこれ!




*2. いわずと知れた不世出の名盤

内容は知らなくてもジャケを見たことだけはあるという人は多いのでは?




*3. ある意味ジャケットの強烈さと

それに伴う内容では1番の作品か!

狂気と繊細な美しさをもつアコースティックなサウンドは

聴くものをやがて別世界へ誘う。



英吉利の薔薇 (イングリッシュ・ローズ)

魂の叫び(紙)

クリムゾン・キングの宮殿 (ファイナル・ヴァージョン)(紙ジャケット仕様)
英吉利の薔薇 (イングリッシュ・ローズ)

この記事へのコメント

2008年02月15日 21:30
誰ですか?これは?ミック・フリートウッド?
英吉利のお笑い芸人みたい!
このアルバムの中の「ブラック・マジック・ウーマン」をサンタナがカヴァーしたんですね。

真ん中はもうノー・コメントです。(笑)

最後は気になります。
見たことも聴いたこともありません。
2008年02月16日 15:06
Lilyさん
英吉利の薔薇のように美しく?
ご指摘のとおりミックさんですね。
それにしても凄い顔!
インストのアルバトロスも良い曲ですね。
一度再発されて英のヒットチャートに載ったことが
ありましたね。

コーマス是非聞いてみてください。
びっくりするかも?
セカンドは良質のポップサウンドが聞けます。
ニッチーくん
2008年02月19日 19:11
こんにちは。
イングリッシュ・ローズのジャケは強烈ですよね。しかしこの作品、まだ聴いたことがありません。

それとやっぱり、クリムゾンですね。このジャケを超えるものは、他にないでしょう。リアルタイムに新作で見た人は、度肝を抜いたことでしょう。
ちなみに私は、30周年記念紙ジャケCDと、アナログ盤も持っています。そしてオリジナルマスター音源から起こしたという現行盤CDも持っています。同じ作品を3枚も持っているとは、私もハマッてますね。(笑)
2008年02月20日 00:00
ニッチーくんさん
クリムゾン私も同じですよ~★
こんどはSACDかな???

コーマス聞いてみてください。
ジャケも音も超個性的ですから。

この記事へのトラックバック