ジャケット鑑賞会その5 人形を探して”英独伊”

ジャケット鑑賞会その5 人形を探して”英独伊”



今回のテーマは人形


まずは御大から


画像


ROLLING STONES / LET IT BLEED (1969)


ケーキの上に。




メンバーを人形で置き換える作品は多い




画像


TRADER HORNE / MORNING WAY (1970)



画像


VINEGAR JOE / VINEGER JOE (1972)




アートを感じる作品も


画像


CRESSIDA / ASYLUM (1971)


かのキーフによるデザイン





他には


画像


CHRIS McGREGOR'S BROTHERHOOD OF BREATH (1971)


南ア出身のジャズピアニスト、クリス・マクレガーが
英国にて発表した作品。まさにアフリカ!




画像


SPIROGYRA / WE WERE A HAPPY CREW (1999)


MOONCRESTから発売されたコンピレーション盤
ジャケとタイトルをオリジナル風にした安易な企画盤








◎所変わってドイツ


画像


TANGERINE DREAM / ELECTRIC MEDITATION (1970)


タンジェリン・ドリームのデビューアルバム

後のシンセバンドのイメージとはかけ離れたサウンド
イマジネーションを掻き立て

聴くものを徐々に高揚させて行くのはまさに

メディテーションサウンドか!???




画像


CONRAD SCHNITZLER / CON BRIO (1993)


上のアルバム(TANGERINE DREAM)でチェロを弾いていた

氏の数多いソロ作品の1枚

内容は現代音楽の領域

ジャケットの頭はオーストリア出身の芸術家Raoul Hausmannの作品







◎最後はイタリア


画像


AREA / ARBEIT MACHAT FREI (IL LAVORO RENDE LIBERI) (1973)


なぜかドイツ語のタイトルが付いた

彼らのデビューアルバム(邦題は「自由への叫び」)。


女性のリーディングで始まるこのアルバム

何かを期待させる予感に勝る衝撃が

聴くものを襲うかも?




画像


PIERROT LUNAIRE / PIERROT LUNAIRE (1974)


リリカルなピアノの調べと共に

あなたを童話の世界へいざなう・・・

サウンドはフォーキーな一面も。








レット・イット・ブリード
レット・イット・ブリード

この記事へのコメント

2008年04月07日 21:35
ストーンズのお人形かわいい!
何気にメンバーの特徴を捉えてますね。
ヴィネガー・ジョーもきっとメンバーにそっくりなんだろうなあ。
キーフのジャケはなるほどシュールですね。
クリス・マクレガーのはオッパイがあるから女性の人形!?
最後のは暗い所で見たら怖いかも!
ぷるぷるドッグ
2008年04月07日 22:19
あ、ケーキのジャケット飾りたいわ。
と、思ったら、ローリング・ストーンズ
なんですね。彼らは有名だから、
何気にちょこちょこ聞いてはいましたが。
でもこれは1969年のなんですか?
私が幼稚園児の頃?かしら。
さすが彼らの歴史は古い。

クリス・マクレガーのジャケット、
なんか見覚えが、と思ったら、家にも
アフリカの木彫りのお土産があって・・・。
ウチのはライオンが人間座りしてる感じの
なんですが。友人がなんと
マサイの戦士で有名なあのマサイ族式の
結婚式挙げて帰ってきたのです。
まわりにマサイの戦士らしき方が並んでいて、
その記念写真見て、ただただ笑うしか
ありませんでした。
音楽となんの関係もなくて、ごめんなさい。
2008年04月07日 23:41
Lilyさん
ストーンズのはあまりに有名ですね。
裏ジャケはめちゃめちゃに。
トレイダー・ホーンやヴィネガー・ジョーのような人形は特徴をデフォルメした作りが多いですね。
似てるのかな~???

人形ジャケは探せばまだ出てくるかもしれません。
2008年04月07日 23:44
ぷるぷるドッグさん
ストーンズ12月に来るとか?
ライヴに行ってみては?

友人さんまさか
マサイ族と結婚したとか!???
それにしても凄い結婚式ですね。
ニッチーくん
2008年04月08日 00:29
いろいろなジャケが登場ですねぇ。

ストーンズは有名ですよね。
よく見ると、ケーキの下は自転車(?)のタイヤだったりして。それもまた面白いです。
2008年04月08日 21:04
ニッチーくんさん
気になるジャケットはありましたか?
ストーンズのケーキの下のタイヤ
レコードと同じ大きさとすると
何のタイヤなのかな???
撮影のために作ったものだったり???

この記事へのトラックバック