ジャケット鑑賞会・その19

~ジャケット鑑賞会・その19~


うちにやってきた猫
とっても元気でいたずら


画像


黒猫登場!




画像


とってもいたずらっこ




画像


BUDGIE / IMPECKABLE (1978)

ベース、ボーカルのバーク・シェリー率いる
スリーピース・バンド78年の作品

英国の多くのバンドが
アメリカ志向を表面に打ち出していたころ
初期の重量級サウンドに比べ
さすがのBUDGIEも軽くなっております。




セキセイインコが危ない!ジャケですが・・・







画像


このセキセイインコはとっても大きくて強いのです~☆






画像


画像


画像


WIDOWMAKER / TOO LATE TO CRY (1977)

今にも飛び掛りそうな!

リアルタイムではキングから
このセカンドアルバムしかリリースされなかった
実力派バンドのラスト作

SKY BLUESできける
演奏と歌は誰もが”ZEPか!”と
耳を疑うでしょう。







画像


ついに来た!






画像


PUSSY / PLAYS (1969)

こんな猫にはならないでね!


いきなり不気味な猫の鳴き声で始まるも
演奏はオルガンやピアノが印象的で
流れるような軽快サウンド!

アコースティックな曲やインスト
ノイジーなサイケギター
はてはテルミンまで出てきたり
アーシーなトリップ系も・・・

やりたいことを詰め込んだ感じ
またそこが魅力かもね~☆

それにしても赤い猫は強烈!








画像


反省

少しふざけすぎました・・・








Pussy Plays [12 inch Analog]
Akarma
2004-06-22
Pussy

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

2008年10月27日 21:22
クロちゃん、少し大きくなりましたね。
いたずら盛りなんでしょうね。canguruさんのお家、破壊されないようにね!

猫ジャケ特集、おもしろいです!
BUDGIEがこんなアルバム出していたんだ。
初期のはよく聴いていました♪
あとの二つのバンドは知りません。
canguruさんは本当に色々知っていますね~。
なでしコ
2008年10月27日 23:16
うわぁ~見れば見るほど
うちのあずきにそっくりです♪

まるで兄弟みたい~

欧米では、黒ネコは縁起がいいですから
ジャケットにもよく使われるんでしょうか。


2008年10月28日 00:04
Lilyさん
かなりふっくらしました。
なるべく他の部屋へは
行かせないようにしているのですが
時々入り込んでたたみバリバリしたり・・・

猫ジャケは探すと結構ありますね。
ニッチーくん
2008年10月28日 00:07
バッジーの裏ジャケって、面白いですね。このアルバム、イマイチということを聞いていたので、ノーマークでした。
PUSSYは要チェックしておきます。
2008年10月28日 00:11
なでしコさん
あずきちゃん仲良くやってますか?
そっくりなんですか~
ラッキーキャットになってくれると
良いですね♪
2008年10月28日 00:32
ニッチーくんさん
初期のへヴィーサウンドと比べると
インパクトには欠けますが、
決して出来が悪いと言うわけではありません。

PUSSYアナログで聴くともっと良いかも♪
amin
2008年10月28日 23:17
canguruさん、こんばんは♪
ニャンコシリーズはどれも怖そうですね。かわいいのも見たいなあ~わがままでスイマセン。^^;第2段も楽しみにしてます☆^^
2008年10月29日 00:09
aminさん
怖いジャケばかりでしたね。
かわいいのあるかなぁ~
探してみます。
evergreen
2008年10月29日 01:28
そろそろ黒猫ちゃんのお名前を・・・笑~

WIDOWMAKER・・・知らないのですが、インパクトのある猫ちゃんですね~
最後はBLACK CAT BONESが来るかと予想して
みごとはずれ・・・笑~
2008年10月29日 22:00
evergreenさん
有刺鉄線サンドウイッチ!
でもジャケが猫じゃないんですよね~

この記事へのトラックバック