CDP-X7ESDの料理?


CDP-X7ESDの料理?

現在使用中のCDプレイヤー

SONY CDP-X7ESD

重さ約17キロ、SONY最後のマルチビットDAC搭載機

発売は1988年

購入したのは翌年の1989年

そう!消費税が導入された年

当初は3%

たしかぜいたく品扱いの車は6%だった



こんなにも長い年月使用してきたわけ

でもそのサウンドは今も輝きを放つ

のちに購入した

YAMAHAのユニバーサルプレーヤー

DVD-S2300よりはるかに良い音を聴かせてくれる

故障知らずだったけれど

寄る年波

さすがに経年劣化は免れない箇所が

それはトレイの開閉

特に冷え込む冬場は特にスローモー

モーターの伝導ゴムがいけない

2年ほど前に可動部をグリスアップと

ゴムのクリーニングをしてみたけれど

効果はいまいち

メーカーにゴム(Oリング/ゴムベルト)を注文してみると

2つあるものの一つしか入手できなかった

そこでオークションで入手

両方とも付け替えることが出来た

ところがこの冬、以前の状態に



そこでゴムを外して対策!


底板を外すとご覧のような状態


画像

二つのベルトの細く長い方が特にいけない(上部の方)



画像

こちらが長い方

触れてみると緩みを感じる




画像

こちらは太く短い方のベルト


二つを取り外し石鹸で洗浄

沸騰したお湯で1分くらい煮込む!?

水分をふき取り組みなおし



結果は・・・



新品の状態とまでは行かないかもしれないけれど

通常に動作するようになった♪

でもいつまでもつものか・・・

まだまだがんばって欲しいなぁ~



にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


この記事へのコメント

ニッチーくん
2012年03月09日 22:19
長く使ってらっしゃるんですね。ベルトの手入れだけでも変わるんですねぇ。

よく考えると、私の使用しているパイオニアのCDプレーヤーは、もう10年使っています。
2012年03月10日 20:46
ニッチーくんさんへ
いわゆる”当たり”の製品だったかもしれませんが
良いものは長く使える典型とも言えますね。
カムイミンタラ
2012年03月27日 17:51
私も1988年1月に
SONY CDP-X7ESD
を購入してから使い続けています。
幸いな事に、一度も故障していません。

当時、店頭品で脚部が一部破損していたため
9万円で処分価格でした。
最新機種の音は知りませんが、
いつ聞いても温かみがあり
新鮮なサウンドです。

なお、アンプはサンスイAUX1で
こちらは中古で購入し、
もう6回ほど修理しましたが、
サンスイのサービススポットは
完全修理してくださいます。
この二台は音色があっているようです。
2012年03月27日 21:04
カムイミンタラさんへ
はじめまして、コメントありがとうございます。
CDP-X7ESDはこれからも大切に使いたい
名機ですね。

私もアンプはサンスイです。
AU-α907LIMITED
現在右チャンネルに少々
不具合を生じています。
そろそろ見てもらわなくては
いけないかもしれません。

実はX7ESDの記事は後日談があります。
3月13日の記事を見ていただけると
ありがたく思います♪

この記事へのトラックバック