666を見た!


666を見た!


先日666を見た!

えっ?「オーメン」観たの?

いいえ

車のナンバーでした



666!


あるとは思っていたけれど

初めて見た666のナンバー!

どうしてもあの映画で定着した悪魔の番号

でも、魔除けならぬ事故除けになるかも!







ロック・ファンなら条件反射でこの作品



APHRODITES CHILD / 666 (1972)



ギリシャの国民的歌手デミス・ルソス

映画”炎のランナー”のサントラの人といえば
ご承知の方も多いヴァンゲリス

この二人を要した

ギリシャの伝説的バンド

APHRODITES CHILDの3枚目


このアルバムの大雑把な印象はといえば

ポップ、現代音楽、エスニックがブレンド

ロック的要素も十分

非常にユニークなコンセプト作品



タイトルからイメージされる

重さ、暗さ、陰鬱とは真逆のもの

地中海性気候のカラッとしたサウンドと

陽光に照らされた海面の煌めきばかりが印象に残る



ボーカル、リーディングともに

英語が用いられ

とっつきにくさは無い



ただしデミス・ルソスの

少し枯れた高音のヴォイスと

微妙なヴィブラートの効いた唱法

独特なこぶしは

好き嫌いが分かれるかもしれない?




ともあれアナログでは2枚組の大作

必聴の作品には変わりない


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram




666~アフロディーテズ・チャイルドの不思議な世界
USMジャパン
2010-12-22
アフロディーテス・チャイルド

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 666~アフロディーテズ・チャイルドの不思議な世界 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

ニッチーくん
2013年02月14日 22:42
奥の深い作品だと思います。
後半に収録されている、女性の喘ぎ声の曲(?)はちょっと異様ですが…。
2013年02月15日 21:27
ニッチーくんさんへ

確かにユニークで奥の深い作品ですね。

聴く人それぞれに
さまざまな印象を与えますね。

この記事へのトラックバック