モモちゃん深夜の気になる症状、覚悟の病院へ


モモちゃん深夜の気になる症状、

覚悟の病院へ



事は先日にさかのぼる

蒸し暑さを感じた夜

モモの呼吸が苦しそうなのに母が気づいた

暑さのせいかもしれない

その時はそれほど深刻には感じていなかった

次の日私も気づく

それから4日くらい続き

さすがにただ事ではないと感じる

そう、

発症してしまったのかもしれない

心臓病!???



昨年10月末

子宮蓄膿症の手術をしたとき

心雑音は無いと言われ安心していたのが

いけなかったのかもしれない



このところ散歩へ行きたがらない

出ても遠くまで歩くことを拒否する

振り返れば思い当たる節がいっぱい!

キャバの宿命ともいうべき病気

気づかないうちに深刻な状況まで

病魔は進行してしまったのか・・・

覚悟の動物病院へ



診察がはじまる

体重を測る

14kg!

昨年の手術後

体質が変わり太ると言われていたけど

さすがに太りすぎ

心臓の鼓動を確かめる

「出てますね心雑音」

「そうですか~・・・」

不幸中の幸いまだ初期段階だという!

胸をほっとなでおろす

「血液の検査もしましょう」

モモの右後ろ脚あたりから採血

その後レントゲン撮影

検査結果が出て説明を受けける

レントゲンの結果

心臓の肥大はそれほどでもないという

少々胸のあたりが少し白くなっているという

一方血液の数値は極めて良好

ただし肝臓関係の値が高い

「これは心臓の血流量による影響かもしれません、

薬をのませて様子を見ましょう」

2週間分の心臓の薬と

フェラリア(こちらも検査、感染なし)の薬も

もらって帰宅



病状がかなり進行しているとばかり思っていたので

少しだけ安心・・・



*薬を飲み切ったら病院へ行き再検査予定



にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック