IKEA ターンテーブル SNUDDA


IKEA ターンテーブル SNUDDA


IKEAでターンテーブルを買ってきた


SNUDDA

直径 39cm
高さ 4cm
重さ 1.2kg
最大荷重 12kg
材質 バーチ(カバザクラ)無垢
塗装 透明アクリルラッカー仕上げ
特徴 料理を取り分けるのに便利です
(Made in China)


食卓に置いて使うもの

他にケーキやお菓子のデコレーション用回転台として使ったり・・・



でも、目的は・・・



レコードのクリーニング台!???

IKEAでこの商品を見ていじってみると
使えそうでは?と誰でも思うかもしれない

今までは
アナログプレーヤーの上で
横着してたけど
当然スピンドル、軸受け、テーブル、モーター(DDの場合)等に
負担をかけてしまう・・・

そして選んだのがSNUDDA




SNUDDAを改めて検証


裏側


回転部を外してみる
(ソケットレンチが必要)







ボールベアリングの回転金具

回転は重くは無いけれど
滑らかではない
(精度は高くない)
本来の目的からするとこれで十分なのかもしれない



レコードのクリーニングテーブルとしては
もう少しスムースな回転が欲しい

別の金具を付ける?

ホームセンターで見るも
重量物用で回転がガチガチに硬いものや
円形で口径が大きく精度の高い高額なものなど
適当な部材が無かった

このまま使うことにする
そこで
手持ちの高速ベアリング用グリースを補充
かなり滑らかな回転になった♪

シートを置けばこのままでも使えそうだけど
ひと工夫欲しい


問題はスピンドル

これがあることで使い勝手は良くなる
でも、どんな部材を選んで
どう取り付けるか・・・・・



まず、思い浮かんだのは
筒状の部材にシャフトを通し
テーブルの裏側で
座金を介しボルトで止め付ける

ただし、筒状の部材、板の厚みを含んだ
ぴったりのシャフト(全ねじ)があるか?
これは切断して調整するとして
ボルトを取り付ける際、
回転金具に干渉しないようにしなければならない
これは加工が面倒くさそう・・・

ぴったりの径で適当な長さの部材の先に
木ねじでも付いたものがあれば・・・

木ねじ?

ターンテーブルは木製
ある程度の厚みがある板なので
適度な筒に木ねじがあればできる!

そして選んだのがこちら


穴の直径5mm長さ20mmの筒(鉄とニッケルの合金)
丸頭のステンレス製の木ねじ(3.8×32mm)
(傷防止のため丸い頭のねじは必須)
お店でパイプとねじの頭の外径を確認してもらった
*ねじ頭の方が若干大きかった






板の中心を改めて求め穴をあける
(これにより裏側の回転金具も位置調整して取り付ける)


ねじ止めして完成





VICTOR QL-Y66Fオリジナルの
ターンテーブルシートを敷いてみた
径の大きなシートが似合う





実際にレコードを置いてみる






にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram






Fire & Water [Analog]
Music on Vinyl
2013-07-23
Free

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Fire & Water [Analog] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



30年戦争(紙ジャケット仕様)
Arcangelo
2008-10-24
トレッティオアリガ・クリゲット

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 30年戦争(紙ジャケット仕様) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック