CLUSTER 1971-81

CLUSTER 1971-1981


CDボックスより遅れること約1か月
Bureau B より発売された
Clusterのアナログボックスがようやく届いた。

画像

欧州より

梱包は雑、シュリンクはご覧のようにビリビリ
幸いボックスに損傷無し


画像

CDボックスと同じデザイン

箱の構造は重箱タイプ
(CDの箱は簡易型)

画像

一番上はブックレット

左右に白いものはリボン
中身を取り出しやすいように配慮されている


画像

一番下には

リボンの他にカタログが入れられていた
小さくCDボックスと同じもの

このあたりからBureau Bの企業姿勢が伺われてくる


画像

ブックレット

さすがにCDサイズではなかった

画像

ジャケット

レコードはグラデーションのスリーブに入れられている
ご覧のようにCDと同じ


LPに関しては
限定1000セットのうち最初の200セットまでピクチャースリーブが
使用されるというインフォ

当然そちらの方がいい

Bureau Bの直販を求めようと思ったけれど
免税販売(付加価値税カット)してくれないというので
あきらめる

グラデーションスリーブは確かにきれいだけど
味気ないし明らかな手抜き

メモリアルなボックスを出すというのに・・・


9枚の内訳(Bureau B HPより)
CLUSTER 71 – originally released 1971 on Philips 6305074

CLUSTER II – originally released 1972 on Brain 1006

ZUCKERZEIT – originally released in 1972 on Brain 1056

SOWIESOSO – originally released in 1976 on SKY 005

CLUSTER & ENO – originally released in 1977 on SKY 010

ENO MOEBIUS ROEDELIUS/ AFTER THE HEAT
– originally released in 1978 on SKY 021-

GROSSES WASSER – originally released in 1979 on SKY 027

CURIOSUM – originally released in 1981 on SKY 063

KONZERTE 1972/1977 – previously unreleased


画像

すべて丸穴黒のインナースリーブ入り

盤 実測 196g



音は前述のとおり
CDを先に入手し聴いていた

これが・・・

疑惑の音源?


Cluster 71

冒頭はしばらく静かな音が続く
ボリュームを上げると
ヒスノイズがかなり耳につく
時々針が盤をトレースした際の
ノイズ(スクラッチノイズ)のような音も
聞こえてくる

盤起こし?
大いなる疑惑・・・

リマスターはこの程度なの?
オリジナル・マスターを紛失しているのか?

CD9枚すべてではないけれど
このようなポイントが散見していた





レコードはどうだろう?

確かに重量盤だけれど
扱いが悪い工場らしいく
擦り傷があちこちに見られる
お世辞にも高品質プレスなどとは言えない

粘着クリーナーで盤面のごみを取り
針圧の重いDL-103でトレース

時折入るスクラッチノイズ
何度かトレース
クリーニングで解消されるか?

取り急ぎ
Cluster 71(アナログ)を聴いての感想

音はLPの方が良い

疑惑の要素もメディアの性質上
目立たない

大雑把に電子音楽
粗削りながら独自の世界が展開される
刺激無く心地よい音が続くわけではないけれど
聴いているうちにα波が出てきた


Clusterをまとめて聴くには絶好のボックス
残念だったのはグラデーション・スリーブ
この企画
アーティスト側が意図したものだったのだろうか?
オリジナル・スリーブは
ブックレットに載せればいいというものではない
愛が足りない・・・





1971-1981 (9LP BOX) [Analog]
BUREAU B
2016-03-04
CLUSTER

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 1971-1981 (9LP BOX) [Analog] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




1971-1981
Burea
2016-04-08
Cluster

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 1971-1981 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





にほんブログ村
ブログランキングならblogram


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック