ジャケット鑑賞会 その50 去り行く時代~来るべき世界

ジャケット鑑賞会 その50
去り行く時代~来るべき世界



前回から気が遠くなるくらいのインターバル
時勢に迎合しベタなテーマで


去り行く平成

画像
FLEETWOOD MAC / MYSTERY TO ME

素敵なギターソロやリフを聴くこともできるけど
何とも中途半端

THEN PLAY ON も相当迷走していたけど
グリーンを欠いた後も
クソブルースに徹してバンドを推し進めていたらどんなアルバムを
出せただろう?
結果は
商業的に失敗して消滅していただろうことは
想像に難くない



画像
JULIET LAWSON / BOO

キラーチューンが無い分
平坦な印象だけれど
好きな人にはスルメの様に染みてくるアルバム
この作品に対してチンパンジャケはいかに?


去る(サル)
サル?
上のフリートウッド・マックはマンドリル?
下はチンパン
う~ん、サルね~・・・


画像
JETHRO TULL / MINSTREL IN THE GALLERY
邦題”天井桟敷の吟遊詩人”


小さくても
一番下にいるサルがパッと
目に入ってくる。

語るに恐れ多い唯一無二のオリジネイター
客席を風船が飛び交った渋谷公会堂で
見ることができたのは幸せ♪





さようなら平成


画像
MARY HOPKIN / GOOODBYE (7inch)

メリーさんがお見送り

レノン/マッカートニーの提供
明るい曲調、彼女のかわいらしい歌声
悲しさは微塵も感じない。




平成が去り
やって来るのは令和


画像
CARPENTERS / SING (7inch)

二人そろってやって来る
笑顔で令和を迎えたい

教科書にも載った言わずと知れた曲
近年発売されたLPボックスは
プレスの評判があまりよろしくないようで・・・





令和はどんな時代になるのだろう?


画像
SEVENTH WAVE / THINGS TO COME
*以前の鑑賞会に登場済み

セヴンス・ウェイヴのファースト
邦題は”来るべき世界”

ケン・エリオット&キーラン・オコーナーの二人で
構築したきらびやかな音世界




明日からの来るべき世界に期待して・・・



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村




Mystery to Me
Rhino/Warner Bros.
2017-03-31

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



Boo
Sunbeam Records
2006-02-21
Juliet Lawson

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



Minstrel in the Gallery
Rhino / Parlophone
2015-05-26
Jethro Tull

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト






青春の輝き~ヴェリー・ベスト・オブ・カーペンターズ
ポリドール
1995-11-10
カーペンターズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



Things to Come
Esoteric
2018-06-29
Seventh Wave

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック